即日融資キャッシング徹底比較

即日融資キャッシング可能なサービスを徹底比較して、あなたに一番合った金融サービスを見つけていただくためのブログです。消費者金融、銀行系キャッシングなどの有力情報満載です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
2009年にも、貸金業の上限金利が引き下げられると言われています。
いわゆる「グレーゾーン撤廃」と呼ばれています。

このグレーゾーンの撤廃によって今後のキャッシング市場はさらなる
競争激化が予想されます。

今までキャッシング業者が行ってきたグレーゾーンを、これを機に
改めて覚えておきましょう。

グレーゾーンを覚える前に、3つのキーワードを覚えてください。

①利息制限法
②出資法
③みなし弁済規定


グレーゾーンは、これらの3つが絡み合って消費者金融などのキャッシング業者にとって有利に働いていました。

①の利息制限法とは、簡単に言うと「金利について制限している法律」のことで、制限利息を超えている部分の利息契約は、無効と定めています。

制限利息は、以下のとおりです。
●元本が10万円未満→年20%
●元本が10万円以上~100万円未満→年18%
●元本が100万円以上→年15%


②の出資法は、キャッシング業者が上限利率「29.2%」を超えた場合は、刑事罰(3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金またはこれらの併科)の対象になる
定められています。


これら①と②の法律で定められている上限金利の間が、いわゆる「グレーゾーン」と呼ばれています。


これまでキャッシング業者は、罰則の対象にならないことを利用して、グレーゾーンの間の金利で自由に設定して運営していました。

さらに、キャッシング業者にとって有利な法律が、貸金業規正法43条です。
これは、①の利息制限法で超過利息であっても、債務者が任意に利息として支払った場合は、「有効な利息の弁済とみなす」と定められています。
これを「みなし弁済規定」と言います。

相手が、キャッシング業者である場合、利息制限法による上限金利を超えていても一定の上限を満たせば有効な利息の弁済とみなされています。


人気blogランキングへ
いつもありがとうございます
スポンサーサイト
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
ブログ内検索
お気に入りに追加
即日審査で即日融資
無利息使い放題!
無利息の元祖であり帝王
厳選キャッシング会社
厳選ローンカード特集
厳選ビジネスローン特集
厳選女性専用ローン
キャッシング特集
お得な学生ローン
住宅・不動産ローン特集
新着情報をお届け
ランキングに参加中です
RSSフィード
リンク集
厳選リンク集1
特選リンク集2
厳選リンク集3
厳選リンク集4
厳選リンク集5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。