即日融資キャッシング徹底比較

即日融資キャッシング可能なサービスを徹底比較して、あなたに一番合った金融サービスを見つけていただくためのブログです。消費者金融、銀行系キャッシングなどの有力情報満載です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
ここ最近のキャッシング・ローン市場では、大手銀行が即日融資キャッシングに強い大手消費者金融をM&Aをして、新しい銀行系の無担保キャッシング・ローン事業に乗り出しています。

三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行グループなど、いずれも債務の保証業務(信用保証)を同系列のノンバンクである消費者金融(みずほを除いて)に委託して、リテール(個人・小口向け営業)部門の強化につなげるのが狙いのようです。

信用保証とは聞き慣れない言葉ですが、簡単にいえば「信用力が低いキャッシングユーザーの保証人になって、スムーズに銀行等から融資がされるようサポートしていく業務」ということです。

最近は、大手消費者金融がメガバンクの傘下に入り、大手銀行の債務保証を請け負うことで、手数料収入の増加につながると考えており、業界再編が、さらに加速すると考えられます。

(大手消費者金融の大手銀行への傘下例)
・プロミス⇒三井住友銀行グループへ
・アコム⇒三菱東京UFJ銀行グループへ


例えば、三井住友銀行グループではプロミスに債務保証を委託して、さらに貸出金利の下限を引き下げ、優良顧客の囲い込みを目指しています。
アットローンを含め金利帯で無担保カードローン事業を手掛けることを想定しています。

もっと分かりやすく説明しますと、「同銀行グループ内で複数のブランドを持つことで顧客の選択肢を増やす」という戦略を打ち出しているようです。

これは、三菱東京UFJ銀行グループやみずほ銀行グループも同様です。

一方で、大手銀行の傘下に入っていないノンバンクの消費者金融や信販会社といった店舗は、上限金利の引き下げや過払い利息の返還請求の急増で、経営環境が悪化しています。

さらに、その背景として
・ブランド力の高い銀行に信用力のある優良顧客を奪われる
・債務保証という手数料ビジネスも得られない


という先ほど上述したメリットが受けられないのが現状です。

今後は、大手銀行も本格参入した無担保キャッシング・カードローン市場のシェアの奪い合いは、中小を中心に消費者金融の淘汰(とうた)を促す可能性が十分に考えられます。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
ブログ内検索
お気に入りに追加
即日審査で即日融資
無利息使い放題!
無利息の元祖であり帝王
厳選キャッシング会社
厳選ローンカード特集
厳選ビジネスローン特集
厳選女性専用ローン
キャッシング特集
お得な学生ローン
住宅・不動産ローン特集
新着情報をお届け
ランキングに参加中です
RSSフィード
リンク集
厳選リンク集1
特選リンク集2
厳選リンク集3
厳選リンク集4
厳選リンク集5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。