即日融資キャッシング徹底比較

即日融資キャッシング可能なサービスを徹底比較して、あなたに一番合った金融サービスを見つけていただくためのブログです。消費者金融、銀行系キャッシングなどの有力情報満載です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
日本消費者金融協会(通称JCFA)は、平成19年度版の「消費者金融白書」をまとめました。
その中には、非常に衝撃的な事実がつづられています。

それは、5社に1社の割合で総量規制などの影響で消費者金融からの撤退を検討しているということです。
回答している消費者金融会社47社のうち、19.2%の企業が「会社を売却してから撤退」また「債権を回収してから撤退」と考えており、18年度調査に比べ5.6%大幅に上昇しました。

さらに、利息返還請求の支払額は1402億円と前期比941億円増加しました。

やはり、撤退の最大の要因として
・利息返還請求の急増
・貸付金の総量規制導入(2007年末実施)
・貸付上限金利の引き下げ(グレーゾーン撤廃)(2010年度本格化)


と、これらが圧倒的に原因の占有率を占めています。

この白書から、キャッシング業界の経営状況の悪化が顕著に現れていることを示しています。

消費者金融大手4社の中間期決算の発表では、プロミスとアコムは黒字と発表しましたが、それ以外の大手は苦戦を強いられている模様です。
さらには、大手以下の規模の消費者金融は今後かなりの再編、淘汰、経営破綻が続くと予想されます。

これは、キャッシングユーザーの借り入れが厳しくなるだけでなく、より確実に借り入れできるだけの知識を身につけておく必要性を示しているのではないでしょうか?

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
ブログ内検索
お気に入りに追加
即日審査で即日融資
無利息使い放題!
無利息の元祖であり帝王
厳選キャッシング会社
厳選ローンカード特集
厳選ビジネスローン特集
厳選女性専用ローン
キャッシング特集
お得な学生ローン
住宅・不動産ローン特集
新着情報をお届け
ランキングに参加中です
RSSフィード
リンク集
厳選リンク集1
特選リンク集2
厳選リンク集3
厳選リンク集4
厳選リンク集5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。