即日融資キャッシング徹底比較

即日融資キャッシング可能なサービスを徹底比較して、あなたに一番合った金融サービスを見つけていただくためのブログです。消費者金融、銀行系キャッシングなどの有力情報満載です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
消費者金融大手アコム、プロミス、武富士、アイフルの2008年4~9月の連結決算が発表されましたが、結果としてプロミス・アコムを除く2社が前年に比べ、大幅な営業減益・赤字となりました。

大幅な減益となった原因として、

・利息過払い金の返還請求の増加に伴う費用増加

が挙げられます。

さらには、2009年の改正貸金業法の全面施行に向けて、消費者金融各社の審査基準の厳格化により、キャッシングユーザーが減少したり、また、貸付金利を下げることで利益を圧迫したことが、最終的に大幅な減益に影響したと見られます。

逆に、プロミスは2007年の三洋信販グループの子会社化がプラスになった模様です。

純利益においては、プロミスとアコムが増益となりました。
また、最終決算の予測では、プロミスは大幅な黒字となる模様です。

プロミスやアコムは、それぞれ圧倒的な信頼性と資金力を有する大手銀行グループの傘下ということもあり、収益を確保しやすい店舗環境を整えています。

一方、消費者金融の中でも、今後さらになる課題と苦戦を強いられているのが、武富士やアイフルなどの銀行の傘下にない独立系の消費者金融の資金繰りです。

規制が厳しくなる中で、いかに消費者にサービスを繰り広げるかが鍵となりそうです。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます


スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
ブログ内検索
お気に入りに追加
即日審査で即日融資
無利息使い放題!
無利息の元祖であり帝王
厳選キャッシング会社
厳選ローンカード特集
厳選ビジネスローン特集
厳選女性専用ローン
キャッシング特集
お得な学生ローン
住宅・不動産ローン特集
新着情報をお届け
ランキングに参加中です
RSSフィード
リンク集
厳選リンク集1
特選リンク集2
厳選リンク集3
厳選リンク集4
厳選リンク集5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。