即日融資キャッシング徹底比較

即日融資キャッシング可能なサービスを徹底比較して、あなたに一番合った金融サービスを見つけていただくためのブログです。消費者金融、銀行系キャッシングなどの有力情報満載です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
2008年の後半以降から、米国の金融不安を筆頭に、私たち日本の消費生活にも直に影響を及ぼすニュースが大変多くなってきました。

当然、キャッシング市場においても、同じことが言えます。
消費者の所得にも影響を及ぼすことになり、キャッシングに頼らざるを得ない状況にもなりかねません。
かといって、キャッシングの審査になかなか通らないケースも年々増加しています。
これは、総量規制と呼ばれるキャッシングの借入れ規制が2007年度から施行されたことが原因です。
2010年度から、グレーゾーン金利撤廃に向けて本格的に法規制が始動します。

さらには、外資系の消費者金融も日本のキャッシング業界からの撤退も余儀なくされました。
米国シティグループが親会社であるレイクは、2008年6月にノーローンを運営する新生銀行に正式売却されまた。
また、外資系金融キャッシングのディックでは、32の有人店舗と540のATMを完全閉鎖すると発表し、今後はオンラインを利用したキャッシングサービスを中心に展開をしていくとされ、大幅な事業の縮小となっています。

今まで、日本で展開している消費者金融の中でも、即日融資が可能な外資系の金融キャッシングのとして非常に人気がありますが、しかし、サブプライム問題で大きな損失を出した親会社の影響により閉鎖や売却を余儀なくされたようです。

2009年度の大手消費者金融4社の中間決算では、プロミス・アコム以外は苦戦をしている状況で、唯一安定した黒字経営のプロミスの一人勝ちといった模様です。

この原因は、やはり米国における金融不安の影響が、消費者金融の財務状況を直撃したのが、一番の要因と言えます。

今後、消費者金融業界の生き残りをかけたキャッシングサービスの動向に、さらに注目をしていきたいと思います。

人気blogランキングへ
いつもありがとうございます

スポンサーサイト
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
ブログ内検索
お気に入りに追加
即日審査で即日融資
無利息使い放題!
無利息の元祖であり帝王
厳選キャッシング会社
厳選ローンカード特集
厳選ビジネスローン特集
厳選女性専用ローン
キャッシング特集
お得な学生ローン
住宅・不動産ローン特集
新着情報をお届け
ランキングに参加中です
RSSフィード
リンク集
厳選リンク集1
特選リンク集2
厳選リンク集3
厳選リンク集4
厳選リンク集5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。